めざましテレビで紹介された光目覚まし時計インティの口コミとインティの機能や便利な使い方

# 光目覚まし時計「インティ」の口コミ情報

# 光目覚しインティとインティスクエアを比較

光目覚し時計「inti(インティ)」「inti SQUARE(インティスクエア)」の違いを比較してみました。

インティスクエアは先代インティの進化版で、お客様の声を反映して改良された面もいくつかあるようです。


インティとインティスクエアの比較


インティとインティスクエアの違い

①照度と照射距離
・インティスクエア=最大20,000ルクス
・インティ=最大80,000ルクス

インティスクエアは強く明るい光が遠くまで届く仕様に改良。
光源から30cmの距離ではインティは2,500ルクス、インティスクエアは3,500ルクスと、照度が1.4倍になり、照射距離が伸びた事で、より確実に顔に光が当たるよう改良されています。


②操作性
・インティ=タッチパネルで反応が鈍く設定や操作が難しい
・インティスクエア=物理ボタンでスムーズに反応

インティの口コミで一番多かった苦情が、タッチパネルの反応の鈍さで、Amazonの口コミで「かなりイライラする」という感想を見たことがあります。
初期不良も多く、交換してもまた不良というケースもあったようでが、物理ボタンに変更することで操作性がアップし、不具合も解消されました。


③モードと設定
・インティ=サンライズモードやリラックモードがあり、操作が複雑
・インティスクエア=目覚し機能に特化し、設定がシンプルで簡単

インティは、朝日のようなサンライズモードと、ローソクの灯りのような暖かい光を放つリラックスモードが搭載されていましたが、インティスクエアは目覚し機能に特化し、設定操作がシンプルで簡単になり、多機能ゆえの誤作動や故障などのリスクもなくなりました。

リラックスモードは寝つきの悪い方でもいつの間にか眠れるという口コミもあり、インティスクエアに無くなったのはとても残念ですが、そのモードがあるためか、インティはとても操作が複雑で、スマホのアプリから操作することもできたようですが、使いこなすまでに時間がかかり、私も説明書を見ただけで、ちょっとうんざりしました。

インティスクエアは、単機能だけどその分操作が簡単なので、一度説明書を読めば誰でもすぐ使いこなせ、時間設定もストレスなく行えるようになりました。


④電源
・インティ:ACアダプターとバッテリー
・ACアダプターのみ 

イティは充電式バッテリーでも使用できましたが、電池残量サインがないため、いつ切れるかわからないという危機感があったためか、インティスクエアはAVアダプターのみになっています。 

設置場所によってはコードが邪魔になる事もありますが、バッテリー切れで時間が狂うのは時計として役にたたないし、満充電でもMAXの光で使用すると1時間ほどしか持たないので、あまり意味がないような・・・^_^;

電源が無いところで使えないという不便さはありますが、バッテリーは除々に減るため、微妙な時間のズレはどうしても出てしまうようで、正確な時間を表示するという面でもアダプターの方がより安心だと思います。

デザインは好みがるのでどちらが良いとは言えませんが、機能面ではやはり後発のインティスクエアの方が勝っているようですね。


⑤販売店情報

Amazonや楽天市場には、今もインティを取り扱っているお店があるようですが、光目覚しinti公式サイトではインティの販売は終了し、インティスクエアのみの販売となっています。

また、90日間試してみて、お気に召さない時は返品可能な全額返金サービスは公式サイトだけなので、これから購入されるなら、より使いやすく、機能もアップしたインティスクエアがおすすめです。










スポンサーサイト

テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

 | ホーム | 

# inti SQUARE(インティ スクエア)を購入♪想像以上の気持ちよい目覚めに感動した!

inti SQUAREはさらに使いやすくなり、機能もアップして評価もさらに上がっているようなので、
私もそろそろ光目覚ましデビューしようかなと思い、inti SQUAREを発売前予約で申込みました。

予約は想定以上の数だったそうで、商品が到着したのは3月上旬。
待ちくたびれた~ ^_^;

インティスクエア

箱の中にはインティスクエア本体とアダプター、取り扱い説明書だけのシンプルな梱包。
ゴミになる広告が無いのは助かります。

取り扱い説明書には、インティスクエアの使い方のあとに、
睡眠改善インストラクターが教える「人生が変わる睡眠読本」が掲載され、
睡眠不足がもたらす危険性や、良質の睡眠を得るために
日々の生活の中でできる事などが書かれています。

10分ほどで読める量ですが、「へぇ~そうだったのか」って思うことや、
誰でも簡単に、今日からすぐ出来る生活改善法などが書かれてあるので、
睡眠の質が悪く朝起きられないという方は読んでみる価値ありです。


インティスクエアを10日間使った効果と感想

インティスクエアの使い方や、本体裏面のスタンドの角度調整などは
公式サイトに詳しく書かれているので、ここでは割愛し、
実際に使ってみた感想と効果をご紹介したいと思います。

インティスクエアの一番の効果は、
朝起きてから頭がすっきりするまでの時間がすごく短くなった事。


今までは、アラームが鳴っても眠いから布団から出るのが辛くて、
がんばって起きても30分位は頭がボーッとして、
朝食を食べ、トイレに行き、身支度を終えた頃に漸く目が醒めるという状態。

身体は重く気分も重く、朝はすっごく苦手でしたが、
インティスクエアの光目覚しだと、光を見つめるだけで眠気がスーッと引いていくのがわかり、
5分もすれば頭がスッキリしてきます。

だから布団からさっと出られ、起きてすぐに顔洗って朝食の支度をして・・・と、
朝の行動が今までとは全く違い、出かける前に余裕がきました。

朝を気持ちよく迎えられるためか、昼間も気分がすっきりとして集中力が高まり、
夜眠る時には一日とても充実していたなぁって感じます。


ゆっくり目覚めるからストレスを感じない

インティスクエアの光は、設定時刻の30分前から除々に強くなってきますが、
この「除々に」というのがとても大切で、

寝てるところをいきなりカーテン全開にされると腹が立つように、
はじめからMAXの光を浴びると光の刺激でイラっとしますが、

少しずつ段階を踏んで明るくなると、
「うん?なんとなく明るいかなぁ」って感じて少し目が醒め、
明かりが強くなるにつれゆっくり覚醒し、
設定時刻になったら小さなアラーム音で完全に目が覚めるという流れになるので、

目覚し時計に「起こされた」という感覚が一切なく、気持よく起きる事ができます。

アラーム音は、とても小さな音で、はじめて聞いた時は
「本当にこんな音で起きられるのか?」と心配になりましたが、
実際使ってみると耳に心地よく、鳥のさえずりや、
誰かにやさしく「起きなさいよ」と言われているような、そんな感じです。

「大音量の目覚しでも起きれないのに、そんな小さな音じゃ絶対ムリ!」
と思うかもしれませんが、先にも述べたように、
設定時刻の30分前から発光して除々に覚醒してくるので、
アラームが鳴る頃には少しの音でもしっかり耳に入ってきます。

ヒステリックなデジタル音の目覚し時計でも気付かず寝ていた私が言うのだから、
多分殆どの方はちゃんと起きられると思いますよ。^_^;

インティスクエアでは起きられない人

でも残念ながら、布団に潜って寝るクセのある方は
インティスクエアでは起きられないので、購入しない方が良いと思います。

あと、設置する場所も、ちゃんと光が顔に当たる場所に置かないと、
部屋全体が明るくなっても気が付かない可能性もあるので、
購入前にベストポジションがあるか確認しておいた方が良いです。

ちなみに、私は畳の上に布団を敷いて寝ているので、
枕元にインティスクエアを置いていますが、
いろいろ試してみたところ、枕の斜め上から光が当たるように置くのがベストです。

インティスクエアの設置場所

また、部屋の間取りも少し影響するようで、
大きな掃き出し窓のある部屋と窓の小さな暗い部屋とで比較してみたところ、
暗い部屋ほどインティスクエアの光に敏感になるようです。

高い目覚まし時計だけど、それだけの価値はある

光目覚ましの存在をはじめて知った時、100均で目覚し時計が買える昨今、
2万円以上する目覚まし時計なんて誰が買うんだろうと思っていましたが、
実際使ってみると、確かに音だけが鳴る100円の目覚し時計とは起きた時の状態が全然違い、
朝気持ちよく目覚める事がこれほど一日の生活に影響するものだと身を持って知りました。

ただ起きれられればいいという方には、きっとインティスクエアの良さはわからないと思いますが、
毎朝無理矢理起こされるのが苦痛で、気持ちも晴れず昼間もドンヨリしているという方なら、
きっとインティスクエアの価値がわかって頂けると思います。

人間、長く生きてると、仕事や人間関係などでイヤな思いをすることも多々ありますが、
たとえ辛い状況に置かれていたとしても、せめて一日の始まりくらい気持ちよく過ごしたいし、
朝気持ちがよければ思考も前向きになり、仕事や人との関わりも変わってくるかもしれません。


想像してみてください。
暗い森に朝日が昇りはじめ、少しずつ周りがあかるくなり、
やがて木々の隙間からやわらかな光が射し込み、
小川を流れる清らかな水の音と軽やかな小鳥のさえずりが遠くから聞こえ、ふと目が醒める。

インティスクエアはそんな感じの目覚まし時計です。
良かったら試してみてください。










テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

 | ホーム | 

# 最新記事

# QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。